歴史に触れる history

ヤマトタケルノミコト伝説

ヤマトタケルノミコトが伯耆と美作国境の矢筈仙の山頂にある岩石の上に立ち、「この矢のとどく限り兇徒、悪魔は退散して我が守護の地となれ」と、念じ矢を放ちました。
また、放った矢は現在の倉吉市生竹まで飛び、その地を治める荒神が受け止めたといわれ、「矢留の荒神さん」と呼ばれる神社が建立されています。

#歴史に触れる #関金温泉周辺

INFORMATION

一覧へ戻る