特集 FEATURE

旧国鉄倉吉線廃線跡

 

かつて倉吉駅から関金の山守駅まで約20キロを結んでいた国鉄倉吉線。昭和60年3月末で廃止となり72年の歴史に幕を閉じました。廃線から月日がたった今でもレールやホーム跡が残り、関金周辺をはじめ倉吉市内各所にその遺構を残しています。関金にある泰久寺駅跡から山守トンネル入口付近までは竹林の中に廃線跡があり、幻想的な風景が広がります。旧国鉄倉吉線廃線跡は山守トンネルを除き、自由に散策していただけます。

(注意事項)
山守トンネル内は自由に立ち入ることができません。山守トンネル内を散策したい場合は旧国鉄倉吉線廃線跡ツアーに団体(15名以上)でお申し込み、または、旧国鉄倉吉線廃線跡ウォーキングオープンデーにご参加ください。

旧国鉄倉吉線廃線跡探訪マップ(PDF)

 


 

お知らせ:廃線印の販売について(2024.3.1〜)

全国で廃線跡を活用し地域・観光活性に取組む団体で構成される日本ロストライン協議会が中心となって展開する「廃線印」。
いよいよ3月1日(金)より旧国鉄倉吉線廃線跡「廃線印」の販売がスタートします。

詳しくはこちら

 

お知らせ:2023年度冬季閉鎖について(12.1更新)

積雪や凍結による安全の確保等が困難なため、次のとおり旧国鉄倉吉線廃線跡を閉鎖します。

閉鎖箇所:旧国鉄倉吉線廃線跡「泰久寺駅跡~山守トンネル前迄の区間」
閉鎖期間:2023年12月29日(金)~2024年2月29日(木)

該当期間中、関係者以外の立ち入りは出来ませんのでご注意ください。 何卒ご理解いただけますようお願いいたします。

 


【ページ目次】
▶︎アクセス・駐車場
▶︎廃線跡カレンダープロジェクト
▶︎旧国鉄倉吉線廃線跡の見どころ
▶︎専属ガイドと共に歩く団体ツアー
▶︎ 旧国鉄倉吉線廃線跡ウォーキングオープンデーイベント
▶︎倉吉線鉄道記念館
▶︎西倉吉・小鴨・上小鴨駅跡と桜並木
▶︎上灘駅跡と紫陽花
▶︎廃線跡をさらに楽しむコンテンツ


 

アクセス・駐車場

泰久寺駅跡・竹林へのアクセス


■公共交通機関ご利用の場合

◉倉吉駅から(②のりば)
日本交通 路線バス「関金線(明高行)」乗車約42分
泰久寺(たいきゅうじ)」バス停下車、徒歩約10~15分

【路線バス時刻】(日中便のみ抜粋)
(往路)倉吉駅発 → 泰久寺着
7:50 → 8:37
10:10 → 10:52
11:20 → 12:01
12:40 → 13:22

(復路)泰久寺発 → 倉吉駅着
11:22 → 12:05
12:32 → 13:15
13:52 → 14:35
18:22 → 19:05 ※日祝・盆・正月運休

日本交通 関金線路線バス時刻表 下り(明高行き)上り(倉吉駅行き)

《トイレについて》
倉吉駅からバスでお越しの方は、「泰久寺入口」バス停で下車し、廃線跡臨時観光案内所のトイレをご利用ください。
(その先にはトイレはありませんのでご注意ください。)

■マイカー利用の場合

倉吉線廃線跡観光案内所前駐車場(収容25台・無料)利用
(倉吉市関金町泰久寺77-1)
徒歩約15分~20分

■貸切バス利用の場合

旧国鉄倉吉線廃線跡バス専用駐車場利用(要事前申込)
申込先:(一社)倉吉観光MICE協会
TEL 0858-24-5371  FAX 0858-24-5015
申込手数料 1台あたり3,000円(税込)

泰久寺駅跡下の県道路側帯に駐車しての見学は警察署からの指示で
 現在出来ません。必ず観光バス専用駐車場(事前申込式/有料)を
 ご利用頂き、駐車場から徒歩で泰久寺駅跡・竹林エリアへお越しください
■観光案内所〜泰久寺駅跡、竹林エリア ルートマップ

 

【旧国鉄倉吉線泰久寺駅跡エリア】観光案内所・駐車場

(2023.11.26)廃線跡観光案内所 冬季閉鎖について

廃線跡観光案内所は2023年12月10日(日)の営業を以て冬季閉鎖に入ります。
再開については決定次第お知らせいたします。

 

旧国鉄倉吉線廃線跡 泰久寺駅跡エリアへお車等でお越しの方は、下記の観光案内所・駐車場をご利用ください。

『旧国鉄倉吉線廃線跡 観光案内所』
《住所》〒682-0403 鳥取県倉吉市関金町泰久寺77-1
《開所日》金土日祝、GW期間中 ※12月〜2月除く
《開所時間》10:00〜16:30(12:00〜13:00は昼休憩のため閉所) ※トイレは常時利用可
《駐車場》25台 ※駐車場は観光案内所閉所日も利用可

駐車場から泰久寺駅跡までは約1km(徒歩約15分)
※「泰久寺」バス停東側の仮設駐車場はご利用いただけません。
また、泰久寺駅跡(私有地)への駐車はお控えください。

◯鉄道ジオラマ、廃線跡写真の展示
◯廃線跡オリジナルグッズ、銘菓、飲料の販売
◯パンフレット、チラシ
◯レンタサイクル貸出

廃線跡観光案内所 公式HPはこちら


廃線跡カレンダープロジェクト

「日本一美しい廃線跡」と称される「旧国鉄倉吉線廃線跡の卓上カレンダー(2025年版)を制作致します。
そこで、カレンダーに掲載する各月毎の画像を一般募集させていただきます。

プロジェクトの詳細、応募方法等は下のページをご覧ください。

旧国鉄倉吉線廃線跡カレンダープロジェクト

【画像応募期間】2023年8月~2024年7月


 旧国鉄倉吉線廃線跡の見どころ

関金駅跡

現在は県道に整備されており鉄道遺構は残っていませんが駅前だった道路には桜並木、また公民館には「駅前公民館」という看板があり、当時の面影を見ることができます。

泰久寺(たいきゅうじ)駅跡

勾配の関係で泰久寺集落より少し山守側に設置された泰久寺駅。
廃線跡の人気スポットのひとつで現在はホーム跡と駅銘板(レプリカ)が残っています。
泰久寺駅跡から山守トンネルまでの道中は竹林など幻想的な風景が広がります。

竹林・山守トンネル

泰久寺駅跡から先、路盤上に竹が自生しており、廃線からの時の経過を感じさせます。
その先にある山守トンネルは、廃線跡トレッキングツアーに参加すれば中を歩くことができます。
泰久寺駅跡から山守トンネルまでは約500mほどです。


専属ガイドと共に歩く団体ツアー

旧国鉄倉吉線廃線跡トレッキング

廃線跡としては全国的にも珍しくレールやホーム跡などが残る旧国鉄倉吉線!郷愁漂う線路跡、旧泰久寺駅ホーム、戦時中に建設されたコンクリート橋梁、蒜山三座・秀峰「大山」を望む絶景ポイントなど変化に富んだ風景の中をウォーキング。

● 地元の名物ガイドが同行して解説&逸話でご案内。
● 限定公開のトンネル内、ヘルメット装着し探検開始!
● アップダウンがほとんどない、初級者向けのコース。
● 田舎ならではの風景、大山、蒜山を望む絶景ポイントあり!

詳細はこちらをご覧ください

 

旧国鉄倉吉線廃線跡ウォーキングオープンデー

通常は団体予約受付のみの旧国鉄倉吉線廃線跡トレッキングツアーですが、個人でもご参加いただけるオープンデーを定期開催しています。
早期に各回定員に達することも多い人気イベントとなっています。

詳細はこちらをご覧ください


倉吉線鉄道記念館

旧国鉄倉吉線「打吹駅」跡地に建てられた鉄道記念館です。
館内には倉吉線に関する資料や写真パネル、貨物入れ替えに使用したスイッチャーも展示してあります。また、記念館横には当時活躍したSL機関車も。

住所:鳥取県倉吉市明治町1012-7
(泰久寺駅跡周辺から車で北へ約20分、倉吉白壁土蔵群そば)
時間:9:00~17:00 年中無休
TEL:0858-26-1375(株式会社エバークリーン)


西倉吉・小鴨・上小鴨駅跡と桜並木

西倉吉~上小鴨駅跡の廃線跡は遊歩道になっており、約3.9kmほどの桜並木が続いています。
遠くに大山も望め4月頃は桜と水仙や菜の花、大山が一緒に楽しめます。


上灘駅跡と紫陽花


上灘駅跡周辺にある廃線跡の遊歩道2kmほどに紫陽花が植えられており、6月頃に見頃を迎えます。
色々な種類の紫陽花が道ゆく人を楽しませてくれます。(map)


廃線跡をさらに楽しむコンテンツ

ARスタンプラリー

専用アプリをお持ちのスマートフォンにダウンロードして指定の看板などを読み込むと、当時の駅舎や列車の動画・画像が見られます!(利用料無料)
●アプリストアで【COCOAR】を検索してインストール
●ARポイントにあるマーカーをアプリでスキャン
●動画内で表示されるバナーをタップしてスタンプを集め、4ヵ所すべて集めると【せきがね湯命館フロント】または【倉吉白壁土蔵群観光案内所】でオリジナルグッズをプレゼント!

詳しくはこちら

 

レンタサイクル【大人用4台 子供用2台】


【貸出・返却手続き】
関金都市交流センター 観光案内所窓口(せきがね湯命館横)
住所:倉吉市関金町関金宿1139
【貸出時間】
10:00〜17:00
都市交流センター開館時間内
【料金】
1000円/1日1回あたり
・休日の場合は要予約。
・貸出当日のご返却をお願い致します。
・乗車可能身長 135cm~
・ヘルメット1個配備あり ※子供用ヘルメット貸出あり(貸出中の場合はご了承下さい)。
【定休日】
・毎月曜日(月曜休日の場合翌火曜)
・その他年末年始等
・都市交流センター開館日に準ずる
【お問合せ】
TEL 0858-45-3988(NPO法人養生の郷)

一覧へ戻る